PRRISM株式会社健康保険医療情報総合研究所

Myページログイン
製品&サービス

IDを匿名化する
ID匿名化ツール Anony-an(アノニャン)

データ提出に最適なID匿名化ツールです。

ご存知ですか?匿名化の必要性

プレミアム スタンダード

平成26年4月の診療報酬改定でデータ提出加算の対象範囲が拡大されました。
データ提出加算の申請をすることは、新たな収入が得られる、自院の診療情報を蓄積でき、それを2次利用できるなど、様々なメリットがあります。

データ提出加算の申請を行うには様式1、様式3、様式4、EF統合ファイル、(外来EFファイル、Dファイル)といった医療に関わるデータを提出しなければなりません。当然、それら一部のデータには診療情報などとともに患者様の情報が含まれています。そのため、データ識別番号などによって個人を特定され、情報が第三者に知られてしまう、という可能性があります。
それを防止するために、上記の提出データに含まれる様式1、様式4、EF統合ファイル、(外来EFファイル、Dファイル)のデータ識別番号については、必ず匿名化を行うよう厚生労働省のガイドラインにも明記されています。

面倒な匿名化作業をサポート!

プレミアム スタンダード

しかしながら、データ識別番号の匿名化についても条件があります。1患者=1データ識別番号であり、調査期間中は同一の患者様のデータに関しては同一の匿名化されたデータ識別番号を使用しなければならないのです。

本データ匿名化ツールは、統一されたルールを使用してデータ識別番号を匿名化することにより、煩雑な管理をせずとも、上記条件を満たしたデータを生成する機能を提供します。また、シンプルな画面構成により、容易に使用できるような作りになっています。

※PDFファイルをご利用になるには、Acrobat Readerが必要です。
 Acrobat Readerは、アドビシステム社から無料で提供されています。