PRRISM株式会社健康保険医療情報総合研究所

Myページログイン
製品&サービス

エルフ・ヒポクラテス 主要機能紹介
曜日別分析

このようなお悩みはございませんか?

プレミアム スタンダード

■曜日によって、収入にバラつきがあるが、原因や傾向が掴めていない。
■手術室の稼働率が低く、設備を有効活用できていない。

特長

プレミアム スタンダード

 病院経営・運営における業務サイクルは週単位であり、経営改善を推進する場合には、曜日別の収益管理、利益管理を行うことが有効です。
 収益面では、病院全体または病床種別ごとに、曜日別の「1日平均収益および単価」、「1日あたり患者数」、「病床利用率」を算出し、課題のある曜日を特定することができます。
 同様に、損益面では、曜日別の利益額(利益率)を算出し、費用も含めて、課題のある曜日を把握することが可能です。

週単位での分析の事例

プレミアム スタンダード

 一般的に、手術日は診療科ごとに曜日で割り振られていますが、月曜日に手術を実施する診療科(DPC)は、金曜入院・月曜手術の運用となるため、在院日数が長期化しやすく、診療単価の低下や医業損失の発生が起こることがあります。
 一方で、週単位で分析していくと、在院日数が長期化しても収益性が下がりづらいDPCも存在し、そのようなDPCは土日を挟んで月曜日に手術をしても経営への影響は軽微です。
 週単位で分析をすることで、入院曜日の違いによる診療単価や損益のバラつきを把握することができ、手術曜日の割り振り変更等の検討材料として活用できます。

資料請求はこちらから

プレミアム スタンダード

※PDFファイルをご利用になるには、Acrobat Readerが必要です。
 Acrobat Readerは、アドビシステム社から無料で提供されています。