PRRISM株式会社健康保険医療情報総合研究所

Myページログイン
製品&サービス

DPCコーディングとチェックをサポートする
DPCコーダー&チェッカー

DPCコーディングと運用における悩みの解決をご支援する全く新しいコンセプトのシステムです。

1. DPCコーディングを基本に忠実に実施したい。
・医療資源病名を根拠に基づいて決定できます。
・DPC分岐ツリーに沿ったDPC選択と確認・検証が可能です。
 その際、実施した手術、処置、重症度等を定義し正確に比較できます。
2. わずらわしさを排除して、スピーディーにコーディングしたい。
・算定対象期間の自動判定。親データ、子データの自動作成
・医師は専用画面で承認すべきDPCコードをワンタッチで表示して確認
3. 正確かつ最適なDPCコードを付与したい。
・データに基づく自動コーディング
4. コードの確認・承認を正しく行いたい。
・DPCコードの一括点検機能
・承認依頼~承認のステータス管理機能の充実

「プレミアムエディション」「スタンダードエディション」の2タイプをご用意

プレミアム スタンダード

医事会計システムや電子カルテシステム等他システムとインターフェイスをとり、データをインポートすることでなるべく入力の軽減をはかり、DPCコーディングの精度アップに努めたいという病院様向けに「プレミアムエディション」をご用意。
DPCコーディングの必要はあるが、現在の医事会計システムには機能実装されていない、手作業でコーディングするのも大変そうだという病院様向けに導入コストを抑えた「スタンダードエディション」をご用意いたしました。
また、将来的に「スタンダードエディション」から「プレミアムエディション」へ安価な料金でアップグレードをすることも可能です。

コーディング精度の向上

強力なDPCコーディングエンジンを実装

プレミアム スタンダード

利用者は複雑なDPCコードの構成やツリー図の分岐を意識することなく、入力もしくはインポートされた診断情報(病名)、手術情報、診療情報、薬剤情報から本システムが自動的にDPCコーディングを実行します。

インポートされた診療情報からDPCコード上の適切な値を自動セット

プレミアム スタンダード

入力もしくはインポートした病名(注1)から医療資源病名を選択することで、インポートした診療情報(注2)から、DPCコード上の「手術」「手術・処置等1」「手術・処置等2」「副傷病」の値を自動セットします。
DPC病院にとっての生命線とも言えるDPCコーディング精度の向上を強力に支援する機能です。

(注1)病名は、本システム指定フォーマットで随時インポートが可能です。
「プレミアムエディション」「スタンダードエディション」でインポートが可能です。
(注2) 診療情報はEファイル、Fファイル準拠フォーマットで随時インポートが可能です。「プレミアムエディション」のみの機能となります。

DPCコードの一括点検

プレミアム スタンダード

DPC病院は、患者が退院されるまでに正確なDPCコードを決定することが求められます。
DPCコードがまだ決定されていない、医療資源病名を変更したがDPCコードは変更されていない、また、手術処置等2に本来セットされるべきフラグがセットされていない等患者ひとりひとりのDPCコードの正確性をチェックすることは繁忙な病院にとって大きな労力です。
本機能では、DPCコードと入力内容(病名、手術情報、診療情報等)の整合性をチェックし、不整合箇所をわかり易く表示(ピンク色の網掛表示)してくれますので、修正すべき個所をいち早く見つけ出すことが可能です。

ツリー図参照

プレミアム スタンダード

ツリー図を表示することで、今回のDPCコードがどのような分岐を辿って決定されたのかをトレースすることが可能です。また、分岐上の手術あり、手術・処置等1あり、手術・処置等2あり等をクリックすることで、定義表をオープンし、今回の分岐上選択されたアイテム(対応コードと名称)をわかり易く網掛けで表示します。DPCコードの確認、検証に有効な機能です。

DPCコードの承認依頼~承認機能の実装

プレミアム スタンダード

DPCコードを決定する際に最終的な医師の承認は必須です。
また、正確なDPCコーディングを実施するには医療スタッフ側と事務スタッフ側のコミュニケーションは欠かせません。本システムでは事務スタッフ側の誰が承認依頼をしたのか、依頼に対し誰が(医師)承認したのか。承認待ちの患者はだれなのかという情報をわかり易く利用者に提供いたします。実務に則したDPC決定プロセスの業務フローを考慮し、機能として実装しました。

DPCコーディング履歴管理の実装

プレミアム スタンダード

入院してから退院するまで患者のDPCコードは、状況により変更される場合があります。本システムでは、いつ、だれが決定したDPCコードなのか、また、承認者はだれなのかという情報を履歴として残し、参照と確認を通じて管理することができます。

必要な情報をわかり易く

医師用画面をご用意

プレミアム スタンダード

診療で多忙な医師にとっては、必要な情報だけを把握し管理することが望まれます。
本システムにログオンした医師は、「担当患者」「診療科対象患者」「DPC承認依頼患者」「退院予定日超過患者」「入院期間Ⅱまで2日以内の患者」等管理把握すべき患者の情報をワンクリックで抽出することができます。知るべき情報をいち早く得ることが可能です。

入院中患者の期間別残日数をビジュアルに表示

プレミアム スタンダード

現時点で、入院中患者が診断群分類点数表上のどの入院期間範囲(入院期間Ⅰ、入院期間Ⅱ、入院期間Ⅲ、2SD超)にいるか、また、各入院期間範囲の残日数が何日かといった情報を提供し、DPC病院にとって収入に大きな影響を及ぼす患者の入院期間をビジュアルに把握することができます。

DPC算定対象期間を自動判定

プレミアム スタンダード

一般病棟から療養病棟への転棟や7日以内の再入院等、DPCでは診療報酬を請求するために複雑な条件を考慮しなければなりません。
本システムでは、DPC上、転棟や再入院の判定に必要な、日付や病棟種別、病名等の情報を入力することで正確なDPC算定期間を計算し、算定期間に応じた1日あたりのDPC包括点数を算出します。また、入力に関しては、ビジュアル表示される画面上で該当する入院期間をマウスクリックしてから入力するわかり易い方法としました。

統計情報(同一疾患症例参照)

プレミアム スタンダード

DPCコーディングと様式1作成のために入力されたデータは情報の宝庫です。 当システムでは、疾患(DPCコード6桁)ごとに年間の実績として症例数以外にも、平均在院日数、平均年齢、手術実績の件数とその構成比率、DPCコード上の処置1・処置2にセットされた処置や薬剤等の件数とその構成比率を統計データとして集計します。 自院の該当疾患患者の傾向や、その診療行為の傾向を把握することができますので診療計画の策定等様々な用途でデータをご活用いただけます。

DPC調査用ファイル「様式1」の作成機能を実装

プレミアム スタンダード

「様式1」ファイルは、DPC調査提出データであるとともに、日本全国の標準フォーマットとして各種分析元データとしてデファクトスタンダードに なりつつあり、その重要性はより一層増す傾向にあります。
本システムは「様式1ファイル」作成機能として、調査対象外病棟への転棟や7日以内再入院にともなう適切なレコード(親レコード、子レコード、Aレコード)の自動生成機能や、「様式1ファイル」単体での入力内容チェック機能等を実装し、利用者に負担をかけることなく正確なデータを作成していただけるよう考慮しました。

他システムとの自動インターフェイス機能

プレミアム スタンダード

標準実装されている手動でのテキストファイルインターフェイス以外にも、医事会計システム、電子カルテシステム等他システムと自動インターフェイスをとることも可能です。インターフェイスを自動化することにより、利用者にとってはシームレスなシステム運用を体感できます。

(注)病院様、接続先システムベンダー様と個別に仕様のお打ち合わせが必要となります。個別開発となりますので、別途開発費用が発生します。

Hファイル作成機能

プレミアム スタンダード

電子カルテや看護システムの導入が進んでおらず紙帳票やExcelで看護必要度の評価を記録している病院様におかれてはHファイルを作成するためのシステムへの転記入力が非常に煩雑な作業となっているかと存じます。

DPCコーダー&チェッカーでは既に入力した値をコピー&ペーストができるため、紙帳票や表計算ソフト等に記録されている評価を事務や病棟で転記する際の入力作業が格段に効率化されます。

また弊社システムの取込型にあわせていただければテキストデータを取込むことができます。

その他の機能として日別評価票や患者別評価票、また基準値についての簡易集計を出力することが可能となっており、EFファイルを取込むことにより評価内容とレセプトの比較検証を行うことが可能です。

インポート元ファイル監視・自動インポート機能

プレミアム スタンダード

任意のフォルダにインポート元ファイルを置いておくだけで、タイムスケジュールにより自動的に本システムにインポートされます。 日々のマニュアル操作でのインポート作業から利用者は解放されます。

(注1)本機能はプレミアムエディションでは標準実装、スタンダードエディションではオプション機能となります。スタンダードエディションの場合、患者基本情報と病名情報のみインポート対象となります。
(注2)インポート対象ファイルを置くフォルダはネットワーク上共有設定が必要です。

機能一覧

機能一覧

(注1)E・Fファイル準拠のフォーマットで受け入れが可能。
(注2)本システム指定フォーマットで受け入れが可能。病名はICD10情報が必要。
(注3)本システム指定フォーマットで出力が可能。
(注4)E・F・D(DPC対象病院のみ)ファイルのインポートが必要。
(注5)自動インポート対象となるファイルは患者基本情報、病名情報(プレミアム・スタンダード)、E・Fファイル(プレミアムのみ)となります。
(注6)ソケット通信方式、SQLビュー方式等個別開発(要別途開発費用)。

動作環境

対応OSとデータベース

対応OSとデータベース

(注1)1CPU、メモリ最大1GB、データベースサイズ4GBまでがサポート要件となります。同時利用クライアント数は5台までとなります。

上記に記載されている製品は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

ハードウェアスペック

ハードウェアスペック

(注1)データベースにSQL Server 2005 Expressを利用される場合、メモリサイズは最大1GBがサポート要件となります。
(注2)月間退院患者数500人、5年間の運用を想定した必要ディスク容量となりますが、あくまで目安としてお考えください。また、スタンダードエディションを選択される場合でも、将来的なアップグレードを考慮して500GB以上のディスク容量を推奨いたします。
(注3)本システムで必要とする容量。

本ページの画面イメージは製品画面と相違する場合がございます。
本ページの内容は予告無しに仕様・デザインを変更することがございますのでご了承ください。

製品カタログをダウンロード

※PDFファイルをご利用になるには、Acrobat Readerが必要です。
 Acrobat Readerは、アドビシステム社から無料で提供されています。