PRRISM株式会社健康保険医療情報総合研究所

Myページログイン
製品&サービス

「様式1ファイル」を正確かつスピーディに作成
様式1クリエイター(ネットワーク対応)

DPC調査データの提出を義務づけられるDPC病院にとって、調査期間中「様式1ファイル」を作成し、毎月期日まで提出することは事務処理において大きな負担となります。しかしながら、同ファイルはDPC調査提出データであるとともに、日本全国の標準フォーマットとして、また、各種分析元データとしてデファクトスタンダードになりつつあり、その重要性はより一層増す傾向にあります。
 本システムは「様式1ファイル」作成専用ソフトとして、調査対象外病棟への転棟や7日以内再入院にともなう適切なレコード(親レコード、子レコード、Aレコード)の自動生成機能や、「様式1ファイル」単体での入力内容チェック機能等により利用者に負担をかけることなく正確なデータを作成していただけるよう考慮しました。

入力の手間を可能な限り軽減

プレミアム スタンダード

様式1ファイルを作成するには、多くの項目にデータを入力する必要があります。
本システムでは、利用者にとって効率的にミスの少ない入力をしていただくための機能を考え実装しました。

・医事会計システムや電子カルテシステム等他システムからテキストファイルで患者基本情報と病名情報をインポートすることが可能ですので、入力の手間をなるべく軽減することができます。(注)
・入力に際しては登録済みパターンを呼び出し再利用する「入力支援テンプレート機能」を実装しております。
・利用者の役割に応じて不必要な入力項目を非表示に設定することで目的に応じたシンプルな入力画面を利用することもできます。
・入力ヘルプ機能を有効にして、該当入力項目をクリックすることで、画面下段に対応する入力ガイダンスが表示されます。DPC調査実施説明資料をその都度参照する必要はありません。

(注)本システム指定フォーマットでのインポートとなります。また、インポートはマニュアル作業になります。

親様式、子様式、Aレコードの自動生成

7日以内再入院レコードの自動生成

プレミアム スタンダード

DPC調査のルールにもとづき、7日以内再入院症例の抽出や調査データ提出月に応じた適切なレコードを出力することは、繁忙な病院にとって大きな労力を要します。
本システムでは、同一患者IDを条件に前回入院時の医療資源病名の疾患コードや退院年月日と今回入院時の入院契機病名の疾患コードや入院年月日から7日以内再入院を自動判定いたします。様式1ファイル作成時には作成月を指定するだけで、該当月に応じた必要なレコードをシステムが選別し出力します。

調査対象外病棟への転棟時に適切なレコード(親様式、子様式)の自動生成

プレミアム スタンダード

DPC調査対象病棟(一般病棟)から未対象病棟(療養病棟等)への転棟時には、7日以内再入院と同様にDPC調査のルールにもとづいたレコードの出力が求められます。
本システムでは、転棟イメージ画面の転棟元病棟を右クリックし転棟先病棟、転棟日を指定するだけで適切な統括診療情報番号、様式1開始日、様式1終了日をセットし、必要なレコードを自動生成します。様式1ファイル作成時には作成月を指定することで、該当月に応じた必要レコードを正確にファイル出力します。

様式1入力データチェック機能

プレミアム スタンダード

データ入力中、患者毎に、入力項目のエラーもしくはワーニングの情報をその内容とともに、画面下段に一覧表示ができます。修正したい項目をダブルクリックすることで、該当項目にジャンプし、その場で直ぐに修正が可能です。

データの入力漏れや入力ミスをチェックするためのチェックリストプリント機能を実装しております。項目ごとにエラー区分(Error、Warning)を表示し、エラー内容の説明と修正項目場所も表示されますので、データチェックと修正作業の軽減を大幅にはかることができます。様式1作成月を検索条件として指定できますので、該当月単位で対象患者をまとめて出力してチェックすることができます。

他のDPC調査ファイルとの整合性チェック機能

プレミアム スタンダード

DPC調査データの提出にあたっては、様式1と他のDPC調査ファイル(EFファイル等)との整合性をとることが必要です。整合性が取れていない場合は、エラーが発生してしまいます。
「様式1クリエイタープレミアムエディション」では、他のDPC調査ファイルを取り込むことにより、エラーのチェックが可能です。修正に時間のかかるファイル間の整合性チェックに対しても、効率的に対処することができます。

また、「プレミアム」では、取り込みを行うDPC調査ファイルを履歴として保存することができますので、データの二次利用のための管理ツールとしてもご利用いただけます。

Hファイル作成機能

プレミアム スタンダード

電子カルテや看護システムの導入が進んでおらず紙帳票やExcelで看護必要度の評価を記録している病院様におかれてはHファイルを作成するためのシステムへの転記入力が非常に煩雑な作業となっているかと存じます。
様式1クリエイタープレミアムでは既に入力した値をコピー&ペーストができるため、紙帳票や表計算ソフト等に記録されている評価を事務や病棟で転記する際の入力作業が格段に効率化されます。

また弊社システムの取込型にあわせていただければテキストデータを取込むことができます。

その他の機能として日別評価票や患者別評価票、また基準値についての簡易集計を出力することが可能となっており、EFファイルを取込むことにより評価内容とレセプトの比較検証を行うことが可能です。

機能一覧

機能一覧

(注)本システム指定フォーマットでのインポート

※PDFファイルをご利用になるには、Acrobat Readerが必要です。
 Acrobat Readerは、アドビシステム社から無料で提供されています。